タオルが臭う原因と対策

投稿日:

どーも、ユースケです。

最近たくさん汗をかく機会があり、お風呂上がりの体を拭こうとした時、なんかタオルが臭ーい。と感じました。

まぁ、買ったのはだいぶ前ですし、

いままでは、使い古したタオルは臭っても仕方ないと、半ば諦めて、タオルが臭くなったら雑巾にしたり、捨ててました。

ただ、タオルもタダじゃないですからね。

「できるだけ長く使いたい。」と思ったので、

タオルの臭いの取り方を色々とネットで調べてみました。

タオルにおいの原因は?

においを発する原因はズバリ「雑菌」です。

空気中や洗濯機の中にいる雑菌がタオルにつき、お洗濯で落としきれなかった皮脂やタンパク質を栄養分として繁殖してしまったためです。

タオルやバスタオルで手や体を拭いた時、髪や皮膚膜、剥離した角質、汗に含まれる塩分や尿素、石鹸の残りカス等の汚れが、タオルに付着しますよね。

タオルの細かい繊維に張り付いてしまい、それを餌に雑菌が繁殖してしまうんです。

オルの繊維に入り込んだ雑菌が繁殖し、嫌なニオイの元となっています。しかもこの雑菌は、異様なほどの生命力をもっています。一度タオルに繁殖してしまうと、何度洗濯しても雑菌が死ぬことはないのです。いわゆる眠った状態になるだけです。ですので、またタオルを使用して水に濡れたら、雑菌が復活し、嫌なニオイも復活してしまいます。

その原因は「皮脂汚れ」「タンパク質汚れ」を元に雑菌が繁殖してしまったからなのですね。

タオルを完全に殺菌する方法は以下の2つです。

・酸素系漂白剤でつけ置きする

「酸素系漂白剤」は水に溶けると活性酸素を出し、その酸化力で臭いの元の雑菌を消毒してくれます。

もちろん臭いだけではなく、頑固なシミや汚れまで分解してくれる上に、塩素系漂白剤と違って漂白力が穏やかなので色柄物にも安心して使えちゃうという「非常に優れた漂白剤」なんです。

この酸素系漂白剤には「液体タイプ」と「粉末タイプ」のものがあります。具体的な商品名を挙げると以下のような漂白剤があります。

液体タイプの酸素系漂白剤
・ワイドハイター
・カラーブリーチ
・ブライトW
・手間なしブライト

粉末タイプの酸素系漂白剤
・ワイドハイター 粉末タイプ
・カラーブライト 衣類用粉末漂白剤
・パックス 酸素系漂白剤
・シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

タオルの消臭が目的なら、液体タイプではなく、ダンゼン「粉末タイプの酸素系漂白剤」がおすすめです。

粉末タイプは弱アルカリ性、液体は弱酸性です。いずれも分解力に優れますが粉末タイプの方がより強力です。これは粉末タイプが弱アルカリ性で、酸性の皮脂汚れや汗が中和されて落ちやすくなるためです。

手順は簡単です。

1. まずは、30?40度のお湯に「酸素系漂白剤」を入れます
2. その後、1~2時間くらい程度タオルをつけ置きします
3. その後、タオルを洗濯機に投入し、洗濯します。
4、充分にすすいで干す
つけ置きが終わったら、あとはすすいで干せば完了です。すすぐ時は他の洗濯物と一緒に洗濯機ですすいでも大丈夫ですよ。これでタオルの嫌な臭いはすっかり消えてしまいますよ♪

これだけで驚くほど嫌な臭い、雑菌臭はすっきり落とせます。

・「高温」でタオルの臭いを消す

電子レンジを使う

注意
電子レンジを使う場合は、綿100%のタオルのみにしましょう。
注意したいのは、レンジを使う前に必ず濡らすということです。そして、このレンジでチンする方法が使えるのは“綿100%のタオルのみ”です。化学繊維のタオルはレンジと相性が悪いので使用は控えてください。ただ、驚くほどニオイが取れているのが実感できます。レンジを使う場合は、手順等を守ってやってみてくださいね。

1. タオルを水で濡らし、絞る
乾いたタオルを水で濡らし、軽く絞ります。
水が垂れない程度に湿らせれば大丈夫です。

2. ラップでくるむ
濡らしたタオルをラップでくるみます。
この時、電子レンジ対応のラップを使うように気を付けてくださいね!

3. 500Wで1分ほど温める
温めるタオルの大きさにもよりますが、だいたい1分~2分ほどで十分タオルに熱は通ります。

4. 洗濯機で洗う

温め終わったら、火傷しないように気をつけながら取り出し、洗濯しましょう。
蒸しタオルを作ったことがあるという方はわかると思いますが、想像以上にタオルは熱くなっています。
気をつけてくださいね。

鍋に熱湯を沸かして除菌

1. 鍋に水を溜め、温める

50℃以上のお湯ならば効果があるのですが、鍋のお湯が何℃かなんてわからないですよね。
水が沸騰する時が100℃なので、沸騰するまで待てば確実ですよ。

2. タオルを入れる
お湯が温まったら、さっそくタオルを投入します。
勢いよく入れてしまうとお湯が跳ねて危ないので、ゆっくり入れてくださいね。

3. 20分くらい煮る

. 洗濯機にかけて干す
20分くらいたったら、今度は洗濯機で洗います。
熱湯はタオルの生地を傷めてしまいます。
そこで、柔軟剤を入れると臭いもよく、ふわふわのタオルに仕上がりますよ♪

タオルを出来るだけ臭わせないように、長持ちさせる5つの習慣

風呂の残り湯は使わない

節水のため、と昨日の夜に入ったお風呂のお湯を、洗濯に使っていませんか?

そこまで汚れていないお湯なら、百歩譲って良しとしましょう。
でも、汚い水を使っても、汚れはきちんと落ちません。

残り湯を使うと、後から衣類が臭くなったり、汚れが落ちていないタオルを使ってかゆくなったりすることがあります。
お風呂のお湯は、洗濯物にはなるべく使わないようにしましょう。

洗濯物をためない

洗濯をする頻度は、どれくらいですか?
1週間分まとめて洗濯したりしていませんか?
こまめに洗濯をすることで、雑菌が繁殖する前に消滅させることができます。

一度に大量に洗濯しても、汚れは落ちません。
少ない量なら、すすぎを1回に設定するなどして節水もできますよ。

こまめに洗濯するのが吉です。

洗濯槽を洗濯カゴ代わりに使わない

洗濯機を回さないのに、洗う予定の衣類を洗濯機の中にためてはいませんか?
洗濯の終わった衣類を干す時間がなく、そのまま出かけてしまってはいませんか?

洗濯槽の中は、高温多湿になりやすいです。
菌が好む環境なので、汚い衣類やを長時間入れるのはやめましょう。

せっかく洗濯し終わっても、菌を発生させる原因を作ってしまっては、もったいないです。
すぐに!干しましょう。
水分を含んだまま長期間放置するとどうしても繁殖しやすくなります。洗濯物の保管する場所が洗濯機の中になっている方も多いと思いますが、これも時間がたてばたつほど菌の繁殖に繋がります。

洗濯槽の7割に収める

洗濯機に詰め込められるだけ洗濯物を入れていませんか?

パンパンに詰め込んでしまうと、洗濯機はうまく回りません。
せっかく浮いた汚れも、水ですすがれる前に他の衣類に付着してしまうのです。
そうするとその汚れから菌が繁殖してしまいます。

洗濯槽の7割というのを目安に、洗濯物を入れて洗うようにしていきましょう。

洗濯物を速く乾燥させる

どうしても部屋干ししてしまったり、ということってありますよね。
乾くのに時間がかかるということは、それだけ雑菌が繁殖するのに好都合な水分が豊富にあるということです。

雨の日は、部屋干しになってしまうのは仕方がありません。
できるだけ晴れている日に、速く乾かせるようにしていきましょう。

乾燥だけコインランドリーを利用するのも1つの手です。
物にもよりますが、多くのコインランドリーは、家庭の洗濯機よりも高温で乾燥することができます。
速く乾かせるうえに、高温で菌を退治できるのなら、少しお金がかかってもいい気がしますよね。

洗剤の量を適切に使おう

洗剤の量は多すぎても少なすぎてもニオイの原因となってしまいます。洗剤が多すぎる場合は、衣類や洗濯槽に洗剤が残ってしまって、そこから雑菌が発生する恐れがあります。また洗剤が少なすぎる場合でも、衣類の汚れや雑菌が落としきれずに残ってしまい、ニオイの原因になることがあります。洗濯物の量に対して、使用する洗剤の量は必ず確認して適量を使用するようにしてください。

洗剤を入れる時、分量をきちんと見ていますか?測っていますか?
多く入れる分には問題ないような気がしてしまいますよね。
でも、実はすすぎきれなかった洗剤は、カスとなって衣類に付着し、臭いの元になります。

また、柔軟剤に関しても入れすぎは禁物です。
柔軟剤は衣類に膜をはります。
多く使いすぎると、膜が厚くなり、次に洗濯するときにその膜を取り除くために洗剤が使われてしまい、他の汚れが落ちなくなってしまうのです。

洗剤も柔軟剤も量を守って使うことで、初めて効果を発揮することを頭に入れておきましょう♪

洗濯槽を乾燥させよう
洗濯が終わり干したあと、洗濯機の蓋を閉めたままにしていませんか?洗濯機の蓋は、いつも開けた状態にしておき洗濯槽を乾燥させましょう。蓋を閉めたままにしてしまうと、洗濯の際の残った水分が蒸されてしまい、洗濯槽の雑菌やカビの原因となってしまいます。ですので、洗濯機は使用する時以外、洗濯槽を空にしておきましょう。

洗濯槽の中が十分に乾燥できていないと、カビができてしまいます。
そのカビや雑菌が中にあるまま洗濯しても、結局、衣類に付着し、におってしまいます。

使っていない時は、蓋を開けて洗濯槽を乾燥させるようにしましょう。
洗濯する前の衣類を洗濯機の中に入れているのはすぐに辞めてくださいね。雑菌が繁殖する環境を作っているようなものなのです。洗濯物は洗濯する直前に入れるようにして、それまでは乾燥させてくださいね。

すでに臭くなってしまったタオルは

・高温で殺菌
・重曹で菌を取り除く
・漂白剤で菌を撃退
のいずれかの方法で消臭できます!ぜひ試してみてください。

しかし、漂白剤や熱湯はタオルを傷める原因にもなります。あまりに頻繁にこういった洗濯をするのはおすすめできません!

-健康

Copyright© Amazonプライムビデオ無料トライアルの登録方法 , 2021 AllRights Reserved.