プロテインの効果効能、飲むタイミングを調べてみた

投稿日:

忙しい人にはプロテインがおすすめ

タンパク質は「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2種類に分類されます。代表的な食品として「動物性タンパク質」は肉類や魚介類、卵などが、「植物性タンパク質」は豆腐や納豆といった大豆製品や、お麩などが挙げられます。

両者をバランス良く食事から摂取する事がベストではあります。しかし、こうした必要なタンパク質の量を食事だけでまかなうのは大変です。

毎日きちんと食事を摂っていル場合でも、成人において、厚労省のタンパク質推奨量より不足しているのです。

プロテインならタンパク質が体内に吸収されやすい様に作られており、タンパク質はもちろん、カルシウムや鉄、ビタミンB群など、成長期に必要な栄養を同時に安心して摂ることができます。

ただし、プロテインは体内に吸収されるまでに時間がかかってしまう性質があるので、摂取するタイミングも大切です。

プロテインを飲む最適なタイミングの1つ目は運動後です。

特に運動後45分間以内は、筋肉へ送られるアミノ酸が3倍にまでアップします。ぜひこのタイミングにプロテインを摂取しましょう。

プロテインを飲む最適なタイミングの2つ目は就寝前です。

人は眠っている間もたえず成長ホルモンを分泌し続けていることをご存知でしょうか?成長ホルモンとは筋肉の成長を助けるもので、トレーニングと切っても切れない関係です。そして、就寝前にプロテインを摂取すると成長ホルモンの働きを促してくれるメリットがあります。シェイプアップしたいからといって空腹のまま眠りについてしまうと、成長ホルモンがうまく働かず傷ついた筋肉を十分に修復できない可能性もあるのです。

成長ホルモンとは脳下垂体から分泌されているもので、体の機能をコントロールする役割や筋肉量を増やす役目を担っています。

成長ホルモンの特徴はタンパク質の吸収を促すこと。
そして、成長ホルモンが活発に機能しているときにタンパク質を補ってあげると、さらにタンパク質の吸収を高めることができます。タンパク質の吸収を高めると、筋肉量を増やすことにつながります。

ただし、寝る直前に摂取すると胃へ負担がかかることがあります。少なくとも就寝する30分~1時間前には摂取しておくのが良いでしょう。

プロテインを飲む最適なタイミングの3つ目は朝食時です。

朝目覚めた時、人間の体は水分や栄養が全般的に不足している状態です

例えば、前日の夕食を19時に食べていれば、朝7時の時点で12時間も空腹状態が続いていることになりますよね。
就寝前にプロテインを摂取していたとしてもその効果時間は切れてしまい、カラダが新たなタンパク質を求めていると言えます。

ぜひプロテインを摂取し、体へタンパク質を補給してあげましょう。

就寝前とは異なり「起床後○分以内」といった目安はありませんが、朝起きてできる限り早い時間がおすすめです。

-健康

Copyright© Amazonプライムビデオ無料トライアルの登録方法 , 2021 AllRights Reserved.